男性看護師の必要性を考える

男性看護師を病院内で見かけることが増えて来ました。近年、男性看護師を配置する病院は増加傾向にあり、テレビの情報番組などでも新人の男性看護師の特集が組まれるなど注目されている存在です。医療現場に以前から必要な存在とされていたにも関わらず、なぜ近年になって増えて来たのでしょうか。男性看護師の仕事はほとんど女性看護師と差はありませんが、やはり力仕事をする上で必要な人材だと言われています。お年寄りの入院患者の増加に伴い、介助が必要な患者が増えているためです。
女性の看護師なら、ふたりがかりでこなさなければならない介助がひとりで出来れば、配置出来る人員数に大きな差が出ます。適材適所と言う言葉があるように、必要な人員の配置を考えるとき、男性看護師は病院内に必要な存在であることは間違いないのです。それと合わせて、入院患者から受ける女性看護師へのセクシャルハラスメント対策としても男性看護師は一役買う存在として注目されています。男性患者からのセクシャルハラスメント問題はなかなか解決を見ない問題であり、入院期間と言う限定性もあってか表立って大きな問題として提起されることも少ない残念な状態にあります。病院側が、患者に対して常識的なマナー違反を犯さない予防策として、男性看護師の配置が大事な対策となり得るのです。その患者から受けるセクハラが原因で転職する人もいます。ほんとうに面倒な悩みです。
バランスの良い男女比になるような人材配置が、医療現場でも求められています。仕事がしやすい環境整備として、性別ごとの担当も重要視されるようになってきたことは悪いことではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です